【限定】念珠入れつきふくさ 茶菊紋・茶変唐草

お気持ちもお念珠もひとところに。
どんな場面でもお気持ちをスマートに出せるふくさ。

片面はお香典など金封入れ、もう片面は念珠入れ用のポケットになっています。
哀しみの席では念珠入れ、慶事の際は香袋を忍ばせ、ほんのり金封に香りを移すのもおすすめです。
ひいらぎのふくさは、「ソフトふくさ」といい固すぎず柔らかすぎない張り感の生地でできているため、使い終わったあとは柔らかく二つに畳み、スーツのポケットに入れることもできます。


<生地について>
西陣織は、飛鳥時代から続く京都西陣の工芸で「たてにしき(経錦)」という目の詰まった織り方で織られた織地です。洗うことはできませんが、目が詰まっているため汚れが滲み込みにくく、長く丈夫にお使いいただくことができます。かつては呉服の帯などでお持ちになる方が多かった美しい生地です。

金襴緞子(きんらんどんす)というきらびやかな錦糸で有名な西陣織。このふくさでは西陣織の裏地を使った少し通好みの生地使いをしております。
西陣の裏地は、裏地とは思えないほど美しく、表地よりもしっとりと落ち着いたトーンがむしろ表地よりも現代の好みには合っているように思います。この控えめな美しさをぜひ皆様に知っていただきたく、裏を表に仕立てることにしました。これまでは谷中のお店だけでご紹介していた数量の少ないものですが、今回オンラインでもご紹介します。

ほとんどの色柄はトーンの落ち着いた色合いですので慶弔にお使いいただけますが、黄色や赤系統などはお祝いの席向きかもしれません。冠婚葬祭のしきたり・厳しさは地方によってかなり異なってまいりますので、気になる方は抑えめな色味をお選びください。
(定番商品の白・グレー・紫でしたらどの場面でお使いいただいても間違いがありません。)


<保管箱>
保管用の桐箱には3匹の蝙蝠(こうもり)をあしらっています。
蝙蝠の「蝠」という漢字が中国の福という漢字と似ているため、
中国をはじめ日本でも古来より幸福を呼ぶとされる縁起の良い動物です。
フクが3匹で「ふく・さ」、運を呼び込む願いを込めています。




<ご注意>
* 商品は他の色のふくさや念珠と並べて撮影しているものもありますが、ふくさ一点です。
  ご希望の色をお選びください。
* 大きな鞄の中でガサガサ動くと念珠の房がよれてしまうため、入れる際にはご留意ください。
* しっかり折ってしまうと折り目が残りやすくなります、柔らかく折ってください。

<商品詳細>
生地:(表地)正絹(裏地)ポリエステル100%
サイズ:縦約20cm 横約12cm(見開き24cm)
仕様:桐箱入
販売価格
16,500円(税1,500円)
カラー
購入数